知って得する「解雇予告手当」

解雇予告手当というものを一般の人はあまり知らないかも知れません。万が一突然解雇された時にこれを知らないでいると、損をすることになります。

サイトトップ > 解雇予告手当てについて

スポンサードリンク

知って得する「解雇予告手当」

解雇予告手当てについて


会社などが労働者を解雇する際には、少なくとも30日以上前にその労働者に対して解雇することを通知しなければならないことになっています。解雇の通知を受けた翌日から解雇日までの期間を解雇予告期間と呼びます。


この解雇予告期間が30日よりも少ない場合、解雇予告手当てというものを受け取ることが出来るのです。ただし、最初から期間を定めてある契約などの場合には、この限りではありません。


その他、会社が労働基準監督署から解雇予告除外認定を受けている場合や、懲戒解雇などの労働者の側に解雇される理由がある場合、天災などで会社が存続できない場合などは解雇予告手当てを受け取ることは出来ません。


実際の解雇予告手当ての金額は、平均賃金に30日から解雇予告期間を引いた日数を掛けたものとなります。


例えば、解雇予告期間が10日であった場合には、解雇予告手当ては20日分以上受け取ることが出来ます。また、解雇予告された当日に解雇された場合には、解雇予告手当ては30日分以上受け取ることが出来ます。


この解雇予告手当ては、正社員でなくても受け取ることができます。つまり、パートやアルバイト、派遣社員などでも、同じような条件で解雇予告手当てを受け取ることが出来るのです。


ただし、2ヶ月以内の期間を定めて契約をしている短期労働者の場合や、試用期間中であり、働き始めてから14日以内であった場合には解雇予告手当ては受け取れません。


知って得する「解雇予告手当」

MENU



スポンサードリンク